会社案内

快適で豊かな未来の社会づくりにチャレンジしていきます。

ひびきエル・エヌ・ジー株式会社は2010年4月、
西部ガス株式会社と九州電力株式会社の共同出資により、
LNG受入基地(ひびきLNG基地)の建設・運営を目的として設立されました。

ひびきLNG基地は、クリーンエネルギー「天然ガス」の北部九州における広域供給拠点として、
日本海や東シナ海に通ずる広大な響灘に面した臨海地区に位置し、
2010年11月に起工し、2014年11月に運用を開始しました。

会社名 ひびきエルエヌジー株式会社
設 立 2010年4月1日
代表 代表取締役社長 村瀨 廣記
本社所在地 〒808-0002
北九州市若松区向洋町20-1
電話番号 093-752-2110
FAX番号 093-771-0515
資本金 60億円
株主及び出資率 西部ガス株式会社 (90%)
九州電力株式会社 (10%)
事業内容 1. ガス事業
2. 液化天然ガスの受入、貯蔵、気化、加工及び供給事業
3. 液化天然ガス及び天然ガスの販売事業
4. その他エネルギーの製造及び供給に関する事業
5. 前各号に付帯又は関連する一切の事業

〒808-0002 福岡県北九州市若松区向洋町20-1

JRでお越しの方 JR若松駅よりタクシーで約15分
JR折尾駅よりタクシーで約25分
JR戸畑駅よりタクシーで若戸大橋経由で約20分
JR小倉駅よりタクシーで都市高速・若戸大橋経由で約30分
車でお越しの方 北九州都市高速2号線若戸ランプで降車・若戸トンネルを経由し495号線へ

ひびきの森緑化活動を通じて、環境と地域社会へ貢献します。

ひびきエル・エヌ・ジー株式会社は、ひびきLNG基地を自然と調和した「森の中の基地」へと育み、環境と地域社会へ貢献します。

詳しくはこちら

ひびきの森緑化活動の写真

会社案内

ページの先頭へ